薬剤科

薬剤科あいさつ

薬剤科

私たち薬剤科は、『手には技術、頭には知識、患者様には愛を』の理念のもと「ADLの向上」「寝たきりゼロ」「在宅復帰」を目標に障害を持った患者さまの心身の状態を適切に整え、より高度の自立を獲得するため、医師はじめスタッフ一丸となり業務を行っています。

業務内容

調剤業務
調剤業務とは、医師の処方箋に基づいて特定の患者様用に指示された使用法に合うように薬を調整します。患者様にお薬が渡るまでの過程には、飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行っています。
疑義照会
処方箋の内容に疑わしい点があれば、医師へ確認し、より適正で効果的な飲み方を提案します。
製剤業務
病院内などで数種類の薬品を調製して薬をつくることです。病院内で使用される消毒薬・特殊な薬・市販品がない薬などが作られます。
注射業務
注射薬は患者様が薬を飲めない時、重症で速効性の効果を期待する時などに用い、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行います。注射指示箋により患者様毎に1日分ずつ調剤します。
医薬品管理業務
医薬品の購入と保管そして各部署への供給と一貫した管理を行います。薬は安全で有効な状態に保たれていなければならないので、品質の管理(温度、湿度、光)には万全を期しています。病院の経営面からも重要な業務です。
薬歴管理
複数の薬剤を服用すると薬の飲み合わせが起こる可能性があります。これを未然に防ぐために患者様が受ける薬物療法の情報を集約・管理します。
医薬品情報業務
医薬品を適正に安全に使用するための様々な情報を収集・管理します。そして必要時、医師や看護師などの医療従事者や、患者さんへ情報提供しています。また、事前にその情報が適切なものかどうかも評価していくことが必要となります。
また医療機関内で発生した副作用情報を収集・管理し、他部署へ情報共有したり、新たに見つかった副作用や、重大な副作用は、厚生労働省に報告する必要があります。報告することにより、厚生労働省から安全性情報が発信され、様々な医療機関で情報共有することができます。
薬剤管理指導業務
患者さんが正しく服用および使用できるように情報提供を行い、お薬を交付します。お薬相談窓口で、患者さんからのお薬に関する質問や相談を受けます。