お知らせ

2014-04-01

15歳以下の小児面会禁止 解除のお知らせ

皆様にご協力いただいておりました、小児面会禁止ですが、3月31日をもちまして解除とさせていただきます。
4月1日より、通常通りご面会いただけます。
ご協力ありがとうございました。

2014-03-10

広報誌「蒲田つうしん局」 Vol.8 発行しました!

当院の広報誌「蒲田つうしん局」の第8弾を発行しました。

当院のウェルカムホール、各病棟に置いてありますので、ご自由にお持ち帰りください。
PDF形式でご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

また、購読をご希望の方は、総務課03-5767-7925までご連絡ください。

2014-02-12

15歳以下の小児面会禁止のお知らせ

現在、日本国内においてインフルエンザ・ノロウィルスが流行しております。
当院においても予防・感染防止の観点より、当面の間、小児(15歳以下)の面会を制限させていただいております。
小児の面会につきましては、病棟のみならず1階ラウンジを含む院内への立ち入りをお断りさせていただいております。
何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。

インフルエンザの流行状況(東京都)については、こちらをクリックしてください。

※3月31日をもちまして、面会制限は解除とさせていただきます。
 4月1日より、ご面会いただけます。

2014-01-21

平成26年新年会

恒例となった当院の新年会に、今年も340名にも及ぶご参加を頂きました。
今年は開院3年目を迎え、病床数も開院当初の148床から2度3度の増改築を経て昨年10月25日には180床となり、都内で3番目に大きな回復期リハビリテーション病院となりました。
今後も以前にも増して、人材の教育・育成、リハビリと医療の質の向上、患者さまの楽しみを更に付加する事を目指し、邁進してまいりたいと思います。
今年も蒲田リハビリテーション病院を宜しくお願い申し上げます。

2014-01-14

「骨関節の外傷と疾患」~高齢者の外傷~

平成26年1月14日、講師に東京労災病院の楠瀬副院長をお招きし、「骨関節の外傷と疾患~高齢者の外傷~」についての勉強会が開催されました。高齢の骨折患者様に多く見られる骨粗鬆症についてのお話や、骨折の種類毎に分けて、危険因子や治療法を詳しく説明して頂き、大変勉強になりました。また、運動療法は骨強度の強化だけではなく、脳血流の増加により認知症を防止してくれる可能性も考えられるとのお話しを聞き、今後の看護や患者さまへの指導の中でも、この勉強会で学んだことを活かしていきたいと思いました。

2013-12-21

院内旅行in ハワイ 3泊5日

12月15日から3泊5日でホノルルに院内旅行で行ってきました。リハビリテーション科から3名参加しました。初日は大雨でしたが、残り2日は良い天気でした。
海亀とシュノーケリング・パラセーリングとキラキラキレイな海でマリンスポーツを楽しみ、陸上ではショッピングを楽しみ、ジャンクフードそして肉を食べて、ビール・ビーフジャーキーを食べ、夜遅くまで有意義な日々を過ごせました。やっぱり南国は素敵です。

2013-12-11

院内旅行 in 韓国

12月8日から12月10日の2泊3日でソウルへ院内旅行に、看護部、リハビリテーション科から総勢13名が参加しました。雨の降る日や氷点下の日もあったので、毎日息が白くなるほど寒い日が続きました。その分、焼き肉やスンドゥブ鍋、トッポギなど体の芯から温まる料理を格安で沢山食べることができました。また、滞在中はガイドの方や現地の方に大変優しくして頂き、身も心も温かくなった充実した旅行となりました。

2013-11-30

原宿リハビリテーション病院(仮称)決起大会

平成25年11月30日、平成27年4月開院予定の原宿リハビリテーション病院(仮称)の決起大会が行われました。
当日は多くの来賓や関係者の方々が出席され、改修前の内装や屋上の見学を行いました。地上11階からの眺めはとても綺麗で新宿や渋谷を一望出来ました。会は活気にあふれており、これから開院に向け準備が進んでいくと思うと気持ちが引き締まりました。
原宿リハビリテーション病院が開院すると関東のグループ系列病院が11施設となります。それぞれの病院が協力し合い、より良いリハビリテーションを患者様に提供できるよう頑張っていきたいと思います。

2013-11-30

医療安全管理研修会

11月27日から3日間、巨樹の会関東グループの医療安全管理研修会を開催しました。
 この研修会は、関東グループにおける医療安全の知識・技術・態度の向上を目的に昨年から開催しています。今年度は、関東グループ9病院より37名が参加し、「患者様の安全を守るためには、コミュニケーションとチーム力が何より大事」であることを学びました。
 講師の先生には、昨年同様、東邦大学看護学部准教授の中原るり子先生、東邦大学医療センター大森病院の中澤恵子先生、東邦大学医療センター大橋病院の浅木貴子先生にお願いしました。
 グループワーク中心の参加型の研修で、参加者からは「こんな楽しい研修は初めてです」と、嬉しい意見をたくさんいただきました。研修終了後、医療安全補佐の院内認定書をお渡しし、研修を終了しました。皆さんが各病院に戻り、医療安全補佐として活躍されることを期待しています。

2013-11-23

関東カマチグループ合同学術研究大会

平成25年11月23日(土)に第3回関東カマチグループ合同学術研究大会が開催されました。
開催場所は、グループ施設の八千代リハビリテーション学院をお借りし、2会場に分かれ、各18組36演題が発表されました。
今回、蒲田から看護部・リハビリテーション科・医事課も学術発表会に演題をエントリーし、医事課は「外来リハビリテーションのカルテ管理」で発表をさせて頂きました。
発表は6分間、質疑応答で2分間と決められた時間内で、各病院の医局・看護部・リハビリテーション課・事務部門が様々なテーマについて発表が行われました。
残念ながら、当院は入賞を逃してしまいましたが、今回のような研究発表会に参加させて頂き、大変勉強になりました。日々の忙しい業務の中で、各部署のスタッフの方達がデータを収集し、アンケートによる集計など行い、症例をとりまとめ、研究成果を導きだしている事にとても感激しました。今後この発表内容が患者様へのケア・サービスへと繋がる事と思いました。

前の10件 <<  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  >> 次の10件